主食を玄米に変えるだけで健康で美しい幸せなライフスタイルに・・・

食事を楽しく

食事を楽しく  


「日本人は 目で食べる」 と よく いわれます。

懐石料理など 繊細な 造りや 彩り

食べていただく方へ 楽しく美味しくとの いたわりの 

思いやりの「心」が 現れています。


普段の食事で 栄養の バランスを考えると ちょっと  

悩みますね。

でも 昔の人は、何も 考えずに いつも バランスの良い

食事を作っていました。

そのポイントは
―椶里發凌卓
 店先で売ってる旬のものは お手ごろ値段で その時期
 栄養があります。

  今の 冬は ごぼう、大根、人参
  
 陰陽でいえば寒い冬には「陽」(体を暖める)の食べもの
  です。

∈未領匹た卓
 赤(人参、赤ピ−マン、トマト等)、
 緑(いんげん、おくら、ピーマン)
 黄色(かぼちゃ、とうもろこし)
 白(大根、かぶ)

 など 色々な色があって  一目で
 「綺麗!」という 見た目食卓

まごはやさしい食卓
 「ま」・・豆類 納豆 味噌
 「ご」・・ゴマ 木の実など
 「は」・・ワカメなどの海草類
 「や」・・野菜
 「さ」・・さかな
 「し」・・しいたけ などの きのこ類
 「い」・・いも類

野菜の中でも ごぼう、人参、大根などの根菜類は
体を 温める 食べもので 普段から 甘い物や お酒
冷たいもので 体の芯が 冷えている 現代人は
季節を問わず 常に 常備して 常食してほしい野菜です。
 

ちょっと 頭に入れて でも 

ない物も あってもこだわらず  

楽しく 

食べものに 感謝して
 
いただくことが 

なによりも 体に 良い 食事かも

しれません。

powered by Quick Homepage Maker 3.39
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional