主食を玄米に変えるだけで健康で美しい幸せなライフスタイルに・・・

肥満と栄養

肥満と栄養

肥満と栄養  

なぜ、太るのか?
その答えは「栄養」の偏り

「お腹が一杯・・・でも何か食べたい」と
食べ続けてしまう 
  そんな経験のある方も多いはず

食べたいという欲求は
 
 ”須栄養素(特に微量栄養素)が足りないと
  脳が満足できず「食べろ」と命令を出す
 
 血糖値が上がるまで脳が満腹感を感じない
      という理由によりでてきます
 
,砲弔い
 微量栄養素はビタミン、ミネラルのことで玄米はもちろん野  菜、海藻類、穀物 等に多く含まれます。

 現代は、微量栄養素の含まれた食材も少なく一定量の微量栄養 素をとるまで脳は満足できないため食事を摂り続け、その結果 「過食」気味になります

△砲弔い
  「早食いは太るもと」
  ゆっくり食事をすることにより、血糖値が上がり満腹感を得 られます。食事時間が短かければ「過食」気味になります





大切なことは、栄養は 互いに関連しあって、はじめて働きを始めることです

肥満と栄養

例えば、「脂肪」を分解するには、「ビタミンB群」が必要です
しかしその「ビタミンB群」が働くにはミネラルの「鉄」がなくては働かないのです

この栄養素をー正確には必須栄養素を摂らずにいると脂肪、蛋白質、炭水化物などの栄養を、代謝できません 

きちんとした栄養を摂らずにいると、折角摂った他の微量栄養素も活躍できず、体外に流れてしまいます

ただ、脂肪、炭水化物だけは体に残ります

そして代謝できずに体に残った脂肪、炭水化物は
脂肪として蓄積されます

よって「肥満」は現代における「栄養失調」といえるのかもしれません

powered by Quick Homepage Maker 3.39
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional