主食を玄米に変えるだけで健康で美しい幸せなライフスタイルに・・・

玄米について

              玄米について  

玄米について
玄米断面







玄米は稲からもみ殻をとった状態のもので、糠、胚芽がついた茶色のお米です。

白米は玄米の糠、胚芽を取り除いた白いお米です。

実は捨てられるこの糠、胚芽部分に人間の必要とする大部分の栄養が含まれています。

必須アミノ酸(蛋白質)8種類
ビタミンE、B1、B2、B5、B6、М
ミネラル(リン、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、
      ナトリウム、亜鉛、鉄、銅)

玄米がダイエットに適しているには
玄米の中にたくさんの「リン」「ビタミンB」「マグネシウム」が含まれていて糖や脂肪の代謝を助けてくれます。

又ゆっくりと吸収されるのでいつまでも満腹感が
持続します。

栄養が整っているので脳が満足してむやみに食べたいと思わなくなります。

「カリウム」はストレスを抑制してくれますので、情緒が安定してきます。

そう遠くない昔、人々の主食が玄米より白米に変わったとき
「かっけ」にかかる人が多くなったとききます。

その為、人間にとって必要な栄養を摂るため たくさんのおかずが必要になってきます。

栄養のある糠を捨て、おかずをたくさん食べ、結果現代は肥満になったり、あらゆる病気に罹るという現象がおきています。

玄米食をすると、多くのおかずが必要なくなります
宮沢賢治の「玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ・・・」です。

古来より農耕民族であった日本人
一日1回はご飯を食べないと落ち着きませんね。

人間は、アミラーゼ活性(でんぷん分解酵素)が強い動物といわれています。

体はお米を待っています。

powered by Quick Homepage Maker 3.39
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional